人との心の距離 の 近さ とは


ある日の会話からふと、疑問に思ったこと。

私自身、過去の経験で人との距離感、心の距離の近さは反省と学びの繰り返し。

親友と呼べる仲の子はどれだけいるんだろ?

こないだね、
カフェで写経してるときに…

月に1回とか割と頻回にあえていないと、

心の距離が遠いと思ってしまう

・・・・と、言っている人がいた。

つい、聞き入ってしまってて…(笑)

私はどうだろうか。

と、問う。

正直言うと、月1回だろうが、2ヶ月に1回だろうが・・・

会う頻度は関係ないと思っている。

必要な人には必要なタイミングで必ず会えると思っているし、

頻度関係なく心の距離が近いと感じる人とはいつ会っても久しぶり感がないと思う。

会う回数よりもどれだけ濃密な会話、付き合いができている間柄か

が大事なんじゃないかな〜。
会う頻度でつながっていると思う関係性って好きじゃない。

昔の私も会う頻度とか気にしていた時期もあった。

だけど、
そうおもってると、
心にぽっかりと穴が空いたような寂しさ?虚無感?
なんともいえない、

マイナスな感情になる

とてもいいとは言えない状態。
私がそう思っていて
久しぶりに高校時代、大学時代の友だちに会うと‥…

意外とそんなこと気にする必要のないくらいに、よく会ってた頃の親密感。

意外とそんなもん。
だからね、気にするだけもったいないと思う。
そこから、

心の距離感って、会う頻度・回数じゃない!

と、気づきがあったの。
もっと単純で

どれだけの濃い時間を過ごせてるか。
深い会話がどこまでできているか。

ここに尽きる!!(●´ω`●)
気にしすぎず、心地いい人との付き合いをしていると、
会う頻度って重要じゃないと気がつくことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です