不調をなくす 4つのポイント とは


いろいろなダイエット方法、健康情報がテレビやネットには溢れていて、
何を選んで実践したらいいのかわからない状態に陥ってしまいませんか?

私もその振り回されているうちの一人でもあった。

わかりやすい本があったので、そこからの学びをシェア致します!

「健康の正解」ってないのが前提。

言えるのは、

健康=体のすべての細胞が機能しているコト!

食べた栄養・水分は血液を通って全身に回っていきます。

スムーズな体内循環にするには、

「血流がすべてを解決する」
と言っても過言ではないとおっしゃっている方がいらっしゃるくらいに血流って大事。

だからね、

「滞りをなくして、血の巡りをよくしていくこと」

に意識を向けていくことにして今日々を過ごしています( ^ ^ )/□

ちなみに、

血流が滞って全身の巡りが滞ると、いろいろな悪いことがおこります。

たとえば、

体が冷える、代謝が落ちる、免疫力の低下、自律神経の乱れなど。

そこから、

肩こりや頭痛、便秘、疲労、生理不順などの不調を引きおこしているようです。

では、こうならないためにも!

自然治癒力をあげていく行動をしていきましょう(*^^*)

*自然治癒力をあげるための4つのポイント!*

①身体を温めること
②バランスのよい食事をすること
③身体の滞りを流すこと
④心の滞りを流すこと

———————————————————————————————————————————-

①身体を温めること

理想の体温は、

「36・5度」くらい

「35度」台のかたは注意!

体温をあげるための行動をしましょう。

「内側から温める方法」として

・朝一番の「白湯」を1杯

・身体をあたためる食材を意識的に取り入れたり

・筋トレや運動をして筋肉をつけ燃やす力をつける  など

「外側から温める方法」として
半身浴や足湯、湯たんぽ など

②バランスのよい食事をすること

周りに栄養士さんのお友達が多いから割愛したいくらいですが。

1食 = 「たんぱく質」「脂質」「糖質」 &ビタミン・ミネラル

をかけることなく食べる。

たとえば昔の私は

夜遅くなったから、炭水化物を抜いておかずと味噌汁などだけ食べる!

これは一番やってはいけないことだったのです。

ひとつでもかけてしまうと、細胞がきちんと機能してくれない。

だから要注意!ですね(T ^ T)

③身体の滞りを流すこと

「運動」で身体の滞りを流す!

身体を動かすと筋肉が働いてくれて、血流を促進してくれるのです。
運動不足は逆に血流の滞る冷える身体になってしまうのです。

毎日同じ動きでも偏りが出てしまい、滞る可能性が十分にあるのです。

なので、たとえばウォーキング!!!!

平坦な道ばかりではなく、時々坂道も入れてみたり。
昨日は上半身のストレッチだったから、今日は下半身のストレッチをしてみよう。

など、すこし視点を変えてみるといいみたい。

④心の滞りを流すこと

最後の「心」 = つまり「心で感じること、想うこと」

いくら身体が健康になったとしても、
ストレスフルだったり、ひとつのことに執着し過ぎていたりすると、
身体に不調として現れてくるのです(T ^ T)

実際にイライラしてけんかしたら、興奮して交感神経が高まり、
アドレナリンが分泌されて、血液が固まりやすい状態になる。

そうすると、血流も悪くなって不調が起きてくる。

だから、身体だけではなく内面にも目を向けて、
自分の心が休まる、居心地のいい行動。

心が素直にうごくこともどんどんやっていくと心が満たされていくと思います。

以上!みなさんもぜひ!

心と身体の喜ぶ行動をしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です